計算をする

マンション売却を検討する際には、いくらで販売するのかを、決めなければなりません。その際に重要になるのが、相場を知るということです。一般的には、不動産会社が価格設定を行いますが、マンション売却の最終判断をするのは売主となりますので、その為にも自分自身でマンション売却の相場をつかんでおくことが重要です。しかし、なかなか正確なところは、わかりませんので、ある程度のイメージを掴むといった感じで、調査を行います。たとえば、近辺の中古万マンションの広告を調べたり、ネット検索をおこなったりして、同じような物件の価格を調べ、相場を掴みます。また、同じような物件にとらわれず、地域の相場動向を調べてみたり、全国的な動きも視野にいれて、情報収集を行うことが大切です。

アベノミクスの経済効果で景気が上振れしていることも影響し、中古マンション価格は上昇傾向にあります。特に、値上がり率が高いのは、都心の好立地物件です。駅が近く、大規模マンションで施設が充実しているものや、タワーマンションが特に人気になっており、こういった物件が、先陣を切って上昇する傾向にあります。そこから、徐々に都市周辺部へ需要の波が広がっていっているような状況です。また、まだまだ価格上昇を期待しているマンション売却タイミングの様子を見ている側、価格が上昇する前に購入したい側との需給バランスが崩れつつあり、物件自体が少ない状況になってきています。そのため、価格上昇スピードが上がるとともに、需要の物件エリアも広がりを見せつつあります。景気の足踏みがない限り、当面面、この状況が続くと予測されます。