収入が増える

一戸建てにおけるトイレの位置づけは、数十年前と比べると大きく変わっています。昔は狭くてもあればいい、トイレを広くするなんてもったいないと考えられていました。しかし、最近では一戸建てのトイレに、安らぎを求める人が増えています。スペースを広く取ったり、落ち着ける空間にしたりすることは珍しくなくなりました。ですが、間取りを考える時、他の部屋と比べると後回しにされることは多いです。しかし、一戸建てで生活していく上で欠かせない場所ですから、しっかり考えないといけません。 トイレは水まわりと呼ばれる場所の一つです。ですから、配管工事のことも考慮して、なるべく水まわり同士を近づけるようにしましょう。コストが抑えられます。

一戸建てのトイレのプランを考える時は、空間を中心に考えることがほとんどですが、どう言うトイレを導入するのかも大切です。トイレの設備機器は大きく変化しました。今や、温水洗浄便座は一般家庭の70パーセントに普及していると言われています。温水洗浄便座には色々な機能がつけられるようになり、掃除のしやすさや脱臭機能、オート機能は大きく進化しました。中には、便座に座ると音楽が流れたり、芳香剤が香るトイレも出てきています。 また、最近ではタンクレストイレの注目度が増していて、導入する家庭が多くなってきました。タンクレストイレは、便器の上部がすっきりしているので、狭いトイレでも空間に広がりを出すことができます。